高血圧は放置させることの出来ない絶対に治療が必要な病気です。高血圧は動脈硬化を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞といった重篤な病気に繋がります。もし血圧に異常を抱えている人がいるなら早期治療を行いましょう。放置ダメ!絶対!

  • ホーム
  • 高血圧サプリで副作用を感じた時の対処法

高血圧サプリで副作用を感じた時の対処法

インターネット通販の利用などで高血圧用サプリを手に入れることが出来ます。
ただ我慢をするというだけで高血圧を成功させることはとても大変です。
そこで様々な方法が試されていますが、やはり高血圧サプリを使用する方法がとても人気になっています。
他の方法に比べれば高血圧に成功する確率がとても高いからです。

高血圧サプリを選ぶ際には、「血圧を下げる効果が科学的に証明されている栄養素を含んでいるか」をチェックするのが良いでしょう。
該当する具体的な栄養素は「カリウム」「GABA」などです。
例えば、食材に含まれる「カリウム」には血圧を下げる効果があると科学的に証明されています。
「GABA(ギャバ;γアミノ酪酸)」というアミノ酸の1種を摂取することで血圧が低下したと報告した医学論文も、複数出ています。
日本でもGABAに血圧を下げる効果があると示している報告は多数出ています。

高血圧サプリには副作用もあります。
一般的に多く言われている副作用が吐き気です。
ニコチンを過剰摂取することによって引き起こされるとも言われています。
吐き気を感じた時の対処法は医師によっても異なるようです。
胃薬を処方して緩和策をとる医師がいれば、高血圧補助剤の摂取量を調整する医師もいます。
高血圧外来で処方を受けている場合には担当医師の助言に従うことが一番安全でしょう。

インターネット通販などを利用して購入している場合には安易な判断を行ってはなりません。
重篤な症状を引き起こさないとも限らないからです。
まずは摂取を一度控えることです。
それが一番望ましい対処法になります。
そのうえで専門家に判断を委ねるのです。
安易な判断で摂取量をかえて見たり、胃薬でその場をしのぐことは危険です。
実際に海外では高血圧補助剤による重篤な副作用も報告されています。
サプリとはその名の通りあくまで健康補助の役割しか果たしません。
利用者の健康状態によっては特定の成分を多く摂取することが、かえって体に良くない場合もあります。

関連記事